GALLERY龍屋 > 作家 > 鈴木 涼子

鈴木 涼子(Ryoko Suzuki)

一覧へもどる

その他の作品

鈴木 涼子の詳細プロフィール

画像は参考作品の為、現在取り扱いが無いものもあります。
作品の取り寄せ、オーダーもお受けします。
気になる作品がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

◎展覧会、アートフェア出展情報
展示スケジュール未定。
(詳しくはスケジュールをご覧下さい。)

作家紹介

愛知県瀬戸市在住の陶芸作家です。
唐子などの絵柄を染め付けした磁器を制作。
シンプルで飽きのこないデザインで、モチーフは古風ですが、現代テイストな絵柄が特徴。

 

1979年 愛知県名古屋市出身
2007年 愛知県立瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科 卒業
2007年 第六十回瀬戸市美術展 陶芸部門市長賞
2009年 瀬戸市新世紀工芸館研修終了
2009年 瀬戸市にて独立開窯

 

2007年 ZEPTER INTERNATIONAL DESIGN AWARD artzept
exhibition dish with a lid 2007 出品
2008年 個展『唐子遊び』(ギャラリー象家/愛知)
2008年 個展『唐子遊び』(ギャラリー象家/愛知)
2009年 個展『やわらかい唐子の寓話』(ギャラリー象家/愛知)
2009年 三人展『夏来たり展』(gallery ten/千葉)
2010年 個展『唐子あわせ』(galleryこうの/三重)
2010年 個展『唐子話』(ギャラリー象家/愛知)
2012年 三人展『これからの展』(現代陶芸サロン桃青/大阪)
2012年 個展『染付龍唐子文皿』(ギャラリー象家/愛知)
2012年 百花瀬 展(GALLERY龍屋/愛知)
2013年『唐子遊』(工芸ギャラリー手児奈/愛知)
2014年『青花玩具唐子房』(松坂屋名古屋店)
2015年『唐子の間』(工芸ギャラリー手児奈/愛知)
他グループ展、東京、大阪、愛知にて参加

現在、愛知県瀬戸市の工房にて主に染付唐子文の器を中心に制作。